にんにくの効果と効能-おすすめのレシピやサプリメント

MENU

にんにくの効果と効能 疲労回復とアリシンの効果

にんにくの効果・効能

 

にんにくに含まれる有効成分とは?

 

にんにくには美容や健康に友好的な成分が多く含まれていると言われています。
有効成分としてはアリインやアリシン、スコルジニン、硫化アリルなどを挙げることができますが、その中でもアリシンというにおい成分が、にんにくの効果・効能に関係していると言われています。
もともとにんにくには「アリイン」という無臭の成分が含まれています。にんにくを切ったり、すったり、つぶしたりすると、アリイナーゼという酵素の働きにより、「アリイン」というにおい成分に変化するのです。
「アリイン」は、ビタミンB1と結合すると「アリチアミン」と呼ばれる脂溶性の物質へと変化します。水溶性のビタミンが、すぐに排泄されてしまい不足しやすいのと比べて、アリチアミンとなったビタミンB1は長い間体内にとどまり細胞内でエネルギーを発生させます。これが、にんにくの疲労回復や滋養強壮効果などの効能の理由となる作用なのです。
また、にんにくには「ノルアドレナリン」の分泌を促進する働きもあります。「ノルアドレナリン」には代謝を活発にしてエネルギー生産を促進させ、脂肪分解を助ける効果があります。にんにくとタンパク質を同時に摂取することで、男性ホルモンである「テストステロン」の分泌を活発にすることができます。「テストステロン」が多く分泌されることで、やる気や快楽をもたらしてくれる効果が期待でき、エネルギッシュに過ごすことができるようになるのです。

 

アリシンの効能

 

にんにくのにおい成分として紹介した「アリシン」には、それだけでさまざまな効果を期待することができます。
「アリシン」には、発がんを抑制する強力な抗酸化作用があります。また、食用油に溶けると「アホエン」というイオウ化合物となり、抗がん作用の外に血栓を予防し、改善する効果があると言われています。
また、「アリシン」には強い殺菌・抗菌作用があると言われており、風邪や気管支炎などの原因となる連鎖球菌やブドウ状球菌と呼ばれるものを殺す効果があります。胃潰瘍を引き起こすピロリ菌、0−157菌などにも有効であるとも言われています。

 

どのような症状に有効か?

 

天然の抗菌薬とも呼ばれるにんにくは、具体的にどのような症状に効果的なのでしょうか。

 

@ 風邪

 

にんにくの有効成分であるスルフィド類、またにんにくを長期熟成させるとできるSAC(S-アリルシステイン)を摂取すると、免疫作用が増強されて身体がウイルスを退治しやすくなるほか、糖と脂質を燃焼することで体熱の生産を増やします。また、にんにくを食べることにより血液の循環が良くなり、患部への血球や栄養素の供給がされやすくなります。
これらの作用により、風邪の症状が和らいで回復が早くなるのです。

 

A 気管支ぜんそく

 

気管支ぜんそくは、気管支が炎症を起こして収縮し、気道が狭くなり、苦しそうな「ゼーゼー」といった呼吸になる症状です。気管支ぜんそくの治療には、気管支の炎症を抑えるステロイド剤と気管支を拡張させる交感神経刺激物質が使われています。
にんにくには、交感神経を刺激する作用があることがわかっており、また痰を取り除く作用と気管支拡張作用があることからも、気管支ぜんそくの症状を軽減させる効果があると考えられています。疲労回復・滋養作用も併せ持っているため、気管支ぜんそくの症状を持つ人には体質改善の効果も期待できます。

 

B 脚気

 

脚気は、ビタミンB1欠乏症の一つです。症状としては、両足がだるく、むくんでくるなどがあります。末梢神経や中枢神経に異常をきたすことがあり、症状が重いと心不全で死亡してしまうケースもある深刻な病です。
初めの症でも述べたように、にんにくの有効成分「アリシン」は、ビタミンB1と結びつくことにより、ビタミンB1の化合物である脂溶性の物質「アリチアミン」となります。この物質は、体に吸収されてからビタミンB1となって働いてくれるため、ビタミンB1欠乏症の場合に摂取することで症状を軽減することができる可能性があります。水に溶けにくく油に溶けやすい物質であるため、にんにくを少量撮り続けるだけで十分な効果を期待することができます。

 

C 冷え性

 

冷え性は特に女性に多い症状で、病名ではないもののさまざまな体の不調につながってくるものです。冷え性に悩む女性は、肩こりや生理不順、腰痛、むくみなどといった症状にも同時に悩まされている場合が多いと考えられます。この場合、体の芯から温まるために血行を良くしていくなどの対処を行う必要があります。
にんにくは、交感神経を刺激することによってノルアドレナリンの分泌を盛んにする作用があります。通常、交感神経が興奮すると欠陥は収縮しますが、にんにくには末梢の血管を拡張させるため心臓が血液を送り出す力が全身に及びます。そのため、手や足の先から首までしっかりあたたまることができ、冷え性からくる肩こりなどの症状が改善されるのです。

 

にんにくには美容効果も!

 

にんにくの有効成分は、肌への吸収率がとても高く、にんにくのにおいをかぐだけで、皮膚からにんにくの有効成分を効率よく吸収することができると言われているほどなのです。
また、皮膚の内部にまで適度な油分をとどめる働きもあると言われており、小じわやたるみなどの肌のお悩みを解決へと導いてくれます。
にんにくは、食べ過ぎると胃腸が荒れたり、血圧が上昇してしまうなどデメリットもあります。適度な量を食べ続ければ、それだけで美容と健康には十分なサプリメントであると言えます。

 

にんにくの栄養を効果的に摂取するにはサプリメントがおすすめです。

 

→ にんにくサプリメント人気ランキングはこちら

更新履歴